トリキュラーとお酒の関係と妊娠可能な状態に戻す方法

トリキュラーには二種類あるので、自分の飲み方に合わせて選ぶことができます。飲むのを忘れそうな場合には28日間続けて飲むことができるトリキュラー28を服用するようにすると飲み忘れることがなくなります。トリキュラー21を服用している場合には生理になるまでの期間は服用しますが生理が来たら服用を中止する必要があるので、飲み忘れする可能性があります。トリキュラーを服用している期間にお酒を飲むことは特に悪いとはされていないのですが、血栓ができやすいので、大量の飲酒をする場合には低用量ピルを服用しないほうが良いとされています。トリキュラー28の場合には偽薬が含まれているので、偽薬を飲んでいる場合にはお酒を飲みながら服用しても問題がありません。基本的にお酒は血流量を増やしてしまうので生理の時の出血が増えてしまう可能性もあります。また40歳以上の女性の場合には血管の収縮によって血栓ができやすくなります。トリキュラーを飲みながら妊娠可能となる期間は偽薬を飲んでいる生理の前後の期間で、実際に妊娠を望んでいる場合にはトリキュラーの服用を中止する必要があります。この薬の服用を中止した場合には妊娠可能になりますが、子宮筋腫などの場合にはトリキュラーの服用を中止したとしても妊娠可能な状態にならない場合があるので、婦人科の専門医と相談をして不妊治療をすることが重要です。妊娠可能な期間は女性の場合は30代後半とされていて、それ以降に妊娠を望む場合には慎重に経過を観察しながら子作りをすることが大切です。男性の場合も30代以上になると精子が劣化したり、生殖機能が低下するので、妊娠が難しくなり、さらに不妊治療をする場合には高額の医療費がかかります。