更年期障害をトリキュラーで緩和できる年齢

本格的な更年期障害に入る前の3~40代ぐらいの女性に、プレ更年期とも呼ばれるようなちょっとしたイライラ感や体のだるさなどを感じることが多くなったと言われています。昔は専業主婦で家事などに精を出していた女性たちも、今は社会の進出に伴って仕事をしていたりしますし、共働きで日々忙しくてストレスばかりが溜まっていくという事も少なくありません。

元々更年期障害は、閉経後に起こり得る症状として知られていました。卵巣機能の低下でエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌も減少してしまいます。社会環境の変化などによるストレスを始めとした原因により、ホルモンバランスが崩れて
しまいます。これらの改善に、トリキュラーを始めとしたピルが使われることがあります。プレ更年期と呼ばれる症状を感じる年代は、大体30代後半ぐらいから40代の女性となりますが、その人たちでもトリキュラーなどのピルを服用してホルモンバランスを整えていく事で、症状が緩和されていく事もあります。

加齢による体内の変化で、急激にホルモン量が減ってしまうと確かに体に影響を与えてしまうのは仕方ありません。けれども事前にトリキュラーを飲み続けておく事で、一定量の女性ホルモンを安定させてくれますから、ホルモン分泌量の激減という症状を予め防ぐ事ができます。もちろん、更年期の症状が出た後でも服用を始めても構いません。女性の健康に深いかかわりのある様々な女性ホルモンは、少しでも多く分泌がある方がいいのです。けれども自己流で薬を飲むというのはやはり不安な面もあるでしょうから、まずは医師と相談してから今後の生活の事を考えて処方などをしてもらいましょう。

■まずはアフターピルについて知ろう
アフターピルの詳細情報